2019年8月25日(日)

配車アプリ、兵庫でも 滴滴とソフトバンク

2019/5/29 14:35
保存
共有
印刷
その他

中国の配車サービス大手、滴滴出行とソフトバンクの合弁会社、DiDiモビリティジャパン(東京・港)は29日、タクシー配車アプリサービス「DiDi」を兵庫県で同日開始したと発表した。既に始めている東京・大阪・京都に加え、年度内にさらに9都市でサービスを展開する。近日中にもスマートフォン(スマホ)決済サービスのペイペイを利用できるようにし、競合に対抗する。

兵庫県でのタクシー配車サービス開始を発表したDiDiモビリティジャパンの菅野圭吾副社長(右)(神戸市中央区)

DiDiモビリティジャパンは2018年に大阪でタクシー配車サービスを開始。4月にはこれまで実証実験にとどまっていた東京と京都でも正式にサービスを始めた。

兵庫県内では第一交通産業系や神戸相互タクシー(神戸市)など11のタクシー会社と連携。神戸市のほか、明石市や芦屋市、西宮市など神戸近郊の9つの市と町が対象エリアで、カバーする人口は345万人に上る。兵庫への進出で京阪神エリアの人口カバー率は8割に達したという。

タクシー料金の決済手段として、ヤフーとソフトバンクが出資するペイペイ(東京・千代田)のスマホ決済も利用できるようにする。アプリにペイペイの口座を紐(ひも)付ければ、QRコードやバーコードの読み取り・提示なしで決済できる。従来は降車時の車内決済か、アプリ上で事前登録したクレジットカードによるオンライン決済に限られていた。

DiDiは19年度中に進出地域を大都市圏を中心に13カ所まで増やす計画だ。神戸市内で記者会見したDiDiモビリティジャパンの菅野圭吾副社長は、直近では北海道と福岡への進出を予定しているとしたうえで「すぐに追加の都市展開ができるのでは」と述べた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。