「歩く」の次は「睡眠」 ポケモン、20年に新アプリ

2019/5/29 13:22
保存
共有
印刷
その他

ゲーム企画のポケモン(東京・港)は29日、「睡眠」をテーマにしたスマートフォン(スマホ)ゲームを2020年に配信すると発表した。米ナイアンティックと手がけたスマホゲーム「ポケモンGO」で「歩く」ことをテーマにゲームを提供したが、次は良質な睡眠を取るほど楽しめるゲームを提供する。

ポケモンは「睡眠」をテーマにしたスマホゲームを20年に配信する(29日午前、東京・渋谷)

また、端末の枠を超えてポケモンを集約できるクラウドゲームサービスを20年に始める。

「ポケモンGOで歩くという基本的な動作をエンタメとして成立させた。次に睡眠のエンタメ化にチャレンジする」。29日、都内で開かれた記者会見でポケモンの石原恒和社長はこう語った。20年にスマホゲーム「ポケモンスリープ」を配信する。「コンセプトは朝起きることが楽しみになるゲーム」と石原社長は説明。詳細は後日発表する。

任天堂がポケモンGO向けの新しい端末「ポケモンGOプラス+」を開発する。ポケモンGOで遊べるほか、加速度センサーを内蔵し、眠っている時間を計測できる。短距離通信規格「ブルートゥース」でスマホに情報を転送する。ナイアンティックも良質な睡眠とゲームを結びつけるための開発を進めているという。

端末の垣根を越えたクラウドサービス「ポケモンホーム」を20年に始める。家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」や「3DS」、スマホで捕まえたポケモンを1カ所に集められる。スマホがあればどこでも世界中の人や友人とポケモンを交換できる。

まずは集めて交換する機能に限定されるが、「次の挑戦としては集めたポケモンで違った遊びができるようにしていきたい」(石原社長)という。

ほかにもディー・エヌ・エー(DeNA)が開発中のスマホゲーム「ポケモンマスターズ」を19年内に配信する。また3日から公開が始まったハリウッド映画「名探偵ピカチュウ」の原作ゲームの続編をスイッチ向けに開発している。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]