/

ペットボトル再利用で連携 セブン&アイとコカ・コーラ

セブン&アイ・ホールディングス(HD)と日本コカ・コーラは、ペットボトルのリサイクルで連携する。回収したペットボトルを使った「再生ペットボトル」で飲料を生産・販売する。廃プラスチックによる海洋汚染が深刻化する中、プラスチックの廃棄量削減を進める。

セブン&アイHDでは、傘下のイトーヨーカ堂やセブン―イレブン・ジャパンなどの店舗でペットボトルを回収する機械約760台を設置し、年間約3億本を回収している。回収したペットボトルを使って日本コカ・コーラが飲料を生産し、セブン&アイのプライベートブランド(PB)として販売することを検討中だという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン