/

「大事な懸け橋失った」 ミャンマー外交に尽力

いつも仕事に一生懸命で、ミャンマーの現状を熱っぽく語る姿が忘れられない――。川崎市の児童殺傷事件で亡くなった外務省職員、小山智史さん(39)を知る40代の男性は「日本とミャンマーの大事な懸け橋を失った」と、やるせない表情を浮かべた。

政府系機関で働き、ミャンマーに関わっている男性が小山さんと出会ったのは2011年ごろ。偶然にも東京外語大でビルマ語(ミャンマー語)を学んだ同窓生だった。

ミャンマーが大好きで、日本との経済協力を推進したいと入った外務省。軍事政権から民政移管した11年には日本企業がミャンマーに殺到、小山さんは両国の窓口として活躍した。男性は「彼は日本で有数のミャンマーの理解者。日本とミャンマーの宝だった」と残念がる。

29日に事件現場で黙とうをささげた日本ミャンマー・カルチャー・センターのマヘーマー所長は「家族でミャンマー語の歌を歌うなど、私たちの国を心から愛してくれる人だった。ミャンマー人の友人からも尊敬されていた」と肩を落とした。

河野太郎外相は29日、外務省で記者団に「ミャンマー語のスペシャリストで大変優秀な若手だった。日本のミャンマー外交を背負う1人だったと思う。本当に残念だ」と惜しんだ。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン