離脱案「英と再交渉せず」 欧州委員長

2019/5/29 7:41
保存
共有
印刷
その他

【ブリュッセル=白石透冴】欧州連合(EU)のユンケル欧州委員長は28日、英国のEU離脱案について「私は極めてはっきりした立場をとってきた。(英国と)再交渉はしない」と述べた。退陣を表明したメイ英首相の後任候補が、相次いで再交渉の必要性を主張していることに反発した。同日、ブリュッセルで開かれた臨時首脳会議で、記者団の質問に答えた。

28日、記者団の質問に答えるユンケル欧州委員長=ロイター

28日、記者団の質問に答えるユンケル欧州委員長=ロイター

英国のEU離脱を巡っては、EUと英政府で離脱案に合意したものの、英議会が承認する見通しが立っていない。メイ氏の後任候補であるジョンソン前外相やラーブ前EU離脱担当相などが、より良い離脱条件を得るためなどとして再交渉を主張している。

一方、ジョンソン氏など複数の後任候補は、英国が離脱条件が定まらないままEUから抜ける「合意なき離脱」も選択肢だとも語っている。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]