2019年7月20日(土)

日米首脳、貿易・北朝鮮で「緊張隠せず」 米メディア

トランプ来日
北米
2019/5/29 2:03
保存
共有
印刷
その他

【ニューヨーク=大島有美子】トランプ米大統領の訪日について米メディアは連日、トランプ氏に対する日本側の厚遇ぶりを詳しく伝えた。一方でトランプ氏と安倍晋三首相の発言内容の食い違いも紹介。「あらゆる華やかさや壮観さも、北朝鮮と貿易に関する両者の緊張を覆い隠せなかった」(ワシントン・ポスト紙)など、今後の交渉の厳しさも匂わせた。

トランプ氏の訪日をめぐり、米メディアでは交渉が一筋縄ではいかないことを示す見方が大半を占めた(28日、横須賀)=AP

CNBCテレビは、貿易交渉に関してトランプ氏が「おそらく8月に何らかの発表が期待できる」と述べたことに対し「日本政府は否定している」と伝えた。米国から輸入する農産品の関税引き下げが焦点となるなか、農家は自民党の支持母体だと解説。安倍首相が今夏に予定されている参院選後に「(農業の交渉で)譲歩する圧力に直面することになる」と伝えた。

政治専門メディア「ポリティコ」は北朝鮮問題に関する両者の姿勢の違いを取り上げた。北朝鮮による今月の短距離弾道ミサイルの発射についてトランプ氏が「個人的には気にしない」と述べたことは「安倍氏との関係を傷つけた」(ポリティコ)と指摘。安倍氏はミサイルに関して「極めて遺憾」と話しており「安倍氏はトランプ氏に同意しなかった」と伝えた。

CNBCテレビは日本側のトランプ氏に対する厚遇が「日本を貿易交渉から一旦遠ざけ、休息を与えた」と分析。一方で「安倍氏とトランプ氏の笑顔は、これから高まるであろう緊張を隠している」(ウォール・ストリート・ジャーナル電子版)など、交渉が一筋縄ではいかないことを示す見方が大半を占めた。

ニューヨーク・タイムズ紙など複数のメディアは日本側のトランプ氏へのもてなしを「レッドカーペットを敷いた」と表現。天皇、皇后両陛下との面会や宮中晩さん会、安倍氏とのゴルフ、相撲観戦など一連のイベントを逐一伝えていた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。