解剖・中国製造2025 EV覇権へ部品囲い込み
車載電池で圧倒、モーターでも躍進

2019/5/29 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中国が官民を挙げ、ハイテク産業育成策「中国製造2025」を推進している。この構想を米中貿易戦争の争点に据える米国の批判を前に中国は低姿勢を装うが、10の重点分野で目標に向け着々と動く。重点分野の1つ「新エネルギー車」では電気自動車(EV)用電池に続き、駆動モーターや自動運転の基幹部品でも有力メーカーが台頭している。

「中国製部品なしでは、EVを作れない時代になった」。地場大手の東風汽車集団と日産…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]