栃木県が健康ポイント アプリで歩数計測

2019/5/29 2:00
保存
共有
印刷
その他

栃木県は6月から、スマートフォン(スマホ)のアプリを活用して県民のウオーキングを促進する「とちまる健康ポイント」事業を始める。歩数に応じてポイントをため、県産の和牛やフルーツなどが当たる抽選に応募できる仕組み。歩くきっかけを作ることで県民の健康づくりを推進する。

歩数計機能のあるスマホアプリ「FUN+WALK」をダウンロードして使用する。アプリの中では歩数に応じて県のゆるキャラ「とちまるくん」が変身する。1000歩ごとに1ポイントがたまる。6月は125ポイントをためるとギョーザのデザインの文房具が、200ポイントで和牛が当たるコースに応募できる。

18歳以上で栃木県内に在住または在学、在職している人を対象とする。2022年までに参加者を5万人、1日当たりの歩数を男性参加者で9000歩以上、女性で8500歩以上とするのが目標だという。

同様の事業は県内の市町でも実施している。2018年4月に開始した宇都宮市では4月末時点の参加者が目標より早く1万人を超えた。開始時に比べ参加者の1日当たりの平均歩数が2000歩増えるなど、市健康増進課は「健康づくりの促進に効果が出ている」とする。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]