岩手の漆 生産4倍に挑む 県内有志、樹液の採取期間半分に

2019/5/28 19:19
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

国産漆は国が国宝などの修復に使用する方針を示して以降、需要に生産が追いつかない状況が続く。長引く供給不足を解消しようと、最大の産地である岩手県で漆関連企業などの有志が生産量を4倍に増やす新たな採取法の確立に挑んでいる。従来手法と異なり、樹皮から樹液を「搾り出す」のが特徴だ。5年後をめどに、需要を上回る年間5トンの生産を目指す。

新たな採取法に挑む「ウルシネクストプロジェクト」は、漆器の企画・販売…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]