2019年8月24日(土)

東電、EVの国際企業連合に加盟 車両全て電動に

2019/5/28 19:11
保存
共有
印刷
その他

東京電力ホールディングスは28日、事業活動に関わる車両を電気自動車(EV)にすることを目指す国際企業連合「EV100」に国内エネルギー企業として初めて加盟したと発表した。2030年までに同社グループの全業務車両をEVやプラグインハイブリッド車(PHV)にする目標を設定。ESG(環境・社会・企業統治)投資に配慮した経営を強化していく。

東電HDは業務車両のEV転換を進める(同社提供)

東電グループは工事用の特殊車両などを除く一般業務車両を約4400台保有している。現在はそのうち400台超がEVで、30年までに全てをEVやPHVに転換することを目指す。自社の充電設備も拡充し、安定してEVを利用できる環境を整える。

東電HDは同日、30年までにEVの新車販売台数シェア30%を目指す国際イニシアチブ「EV30@30キャンペーン」への加盟も発表。「EV100」と両方に加盟するのは国内では東電HDが初めてだという。

同社はESG経営を推進しており、4月にESG関連の専任組織を新設した。今後は充電インフラの整備などを進め、社会全体のEV普及を後押ししていく。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。