/

この記事は会員限定です

[社説]誰が首脳でも続く日米同盟に

[有料会員限定]

さまざまな話題を振りまいたトランプ米大統領の来日劇の最大の成果は、「日米の友好関係はかつてなく緊密」(共同宣言)だと再確認したことだ。中国の海洋進出などによって、国際情勢は極めて不安定になっている。「自由で開かれたインド太平洋」の実現に向け、日米が世界の安全保障の基軸を担う意義は大きい。

「米海軍艦隊と同盟国の海軍艦隊が並んで司令部を置く世界で唯一の港だ」。神奈川県横須賀市沖で海上自衛隊の護衛艦...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り583文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

北朝鮮

金正恩(キム・ジョンウン)総書記のもと、ミサイル発射や核開発などをすすめる北朝鮮。日本・アメリカ・韓国との対立など北朝鮮問題に関する最新のニュースをお届けします。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません