九工大、資金調達サイトと提携 部活動など支援

2019/5/28 19:23
保存
共有
印刷
その他

九州工業大学はクラウドファンディング(CF)サイト運営のREADYFOR(レディーフォー、東京・文京)と提携し、学生の研究活動や部活動を支援する取り組みを始めた。国からの交付金獲得などが年々厳しくなる中、新たな寄付金を得る手段としてCFに着目。同大が資金を管理してから活動者に渡すことで、プロジェクトの信頼向上や税控除といったメリットを見込む。

九州工業大学はREADYFORとの提携第1弾で学生カーレースチームを資金支援する(2018年の大会風景)

第1弾として、自作のレースカーで走行タイムを競う「学生フォーミュラ日本大会」に出場予定の同大学生チームがCFサイトで寄付金募集を始めた。軽量ホイールの購入代として50万円を目標に6月28日まで実施する。

出場予定チームは車両の設計・製作、コスト管理などを通じてものづくりの総合力が問われるとして、「九州という地方から全国に通用する車両をつくる!」と資金調達の意義について訴える。

レディーフォーと大学の業務提携では大阪大学が同様に研究資金の獲得、九州大学が被災地域の交流拠点整備などを目的に結んでいる。各大学はCFサイトの掲載を通じ、大学の特徴や研究内容を幅広くPRできる効果にも期待している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]