/

この記事は会員限定です

令和元年の消費、財布のひもは堅い?緩い?

(スグ効くニュース解説)

大岩佐和子編集委員

[有料会員限定]
個人消費の先行きが読みにくいといわれます。今秋は消費増税が予定されていますが、節約志向は一段と強まるのでしょうか。

回答者:大岩佐和子編集委員 内閣府の4月の景気ウオッチャー調査では、家計に関連した景況感を示す指数が2カ月ぶりにプラスになりました。10連休で消費が活発になるとの期待が高まった結果です。

その時にその場所でしか味わえないと思うと、財布のひもがゆるむものです。スーパーの店頭では百円のお菓子...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1061文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

スグ効くニュース解説

「スグ効くニュース解説」では、読者のみなさんが疑問に感じる「ニュースのなぜ?」を取材経験が豊富な日本経済新聞の編集委員がわかりやすく解説します。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン