十六銀、三井住友信託と遺言関連商品を共同開発

2019/5/28 19:00
保存
共有
印刷
その他

十六銀行は28日、三井住友信託銀行と相続関連の商品開発などで連携すると発表した。まず遺言関連の専用商品を共同で開発し、十六銀の店舗で10月にも売り出す。三井住友信託銀が地方銀行と相続関連の商品を共同開発するのは初めてという。

相続が生じたときに簡便な手続きで、あらかじめ指定された方法や受取人に金銭を支払う「遺言代用信託」と呼ばれる金融商品を共同で開発する。遺産整理業務などの商品も十六銀の店舗で取り扱う。

十六銀は同日、一般社団法人の民事信託士協会と業務提携すると発表した。民事信託に対応した預金口座の開設などを共同で取り組む。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]