都心部で初のドローン配送、福岡市・トルビズオン 九大跡地で

2019/5/28 18:22
保存
共有
印刷
その他

ドローン(小型無人機)ベンチャーのトルビズオン(福岡市)や福岡市が28日、九州大学箱崎キャンパス跡地(福岡市東区)でビルが立ち並ぶ都市部でのドローンを使った配送実験を実施した。トルビズオンによると、大都市中心部での飛行は国内初という。福岡市は箱崎キャンパス跡地でIT(情報技術)を活用した「スマートシティ」構想を掲げており、ドローンを使った配送の実用化を目指す。

ドローンは約30メートルの高さまで上昇し、200メートルほどの距離を水平飛行で移動した(28日、福岡市)

地元住民からドローンの重量や耐久性などについて質問が出た

実験は旧九大工学部本館の建物前からドローンが飛び立ち、建物の角を曲がって目的場所に1キログラム弱の荷物を届けるという内容で、全て自動運転で実施した。都市部は携帯電話や無線通信「Wi-Fi」などの様々な電波が飛び交う。

飛行時の電波干渉が懸念されていたが、ドローンは離陸してすぐ30メートルほどの高さに上昇、水平飛行で約200メートルを移動して無事に着陸した。

実験では操縦者が肉眼でドローンを確認しないまま操縦する「目視外」飛行を実証した。ANAホールディングスなどは博多湾で飛行実験を実施しているが、「日本の都市部でできる場所はなかなかない」(トルビズオンの増本衛社長)という。

実験にはドローンを開発した自律制御システム研究所や、ドローンを離陸地点まで輸送する配送ロボットを開発したセイノーホールディングスも参加した。

広さ約50ヘクタールの広大な九大箱崎キャンパス跡地の再開発について、高島宗一郎市長は「最先端の街づくりにつながる実験をやっていきたい」としており、28日の実験にも参加した。

ドローン輸送の実用化に向けては法整備などが課題になっている。市は今後トルビズオンなどと連携し、実用化に向けて国や関係官庁に働きかけていく予定という。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]