韓国中堅財閥・愛敬、アシアナ買収に名乗り

2019/5/28 18:10
保存
共有
印刷
その他

【ソウル=山田健一】韓国中堅財閥の愛敬(エギョン)グループは28日、同国航空2位のアシアナ航空の買収に名乗りを上げた。愛敬の関係者が日本経済新聞に「アシアナ航空の買収に関心があり、内部で検討している」と話した。同グループは、傘下に格安航空会社(LCC)の済州航空を抱える。

愛敬グループは傘下に格安航空会社の済州航空を抱える

愛敬はアシアナ航空を取り込んで事業規模を拡大し、大手財閥に飛躍する契機にしたい考えとみられる。ただ2兆ウォン(約1860億円)以上とされる買収資金を調達できるか、不透明な面もある。

アシアナ航空を傘下にもつ錦湖(クムホ)アシアナグループが4月に経営難を理由に同航空の売却計画を発表して以降、個別企業が買収に名乗りを上げたのは初めて。市場では買収候補としてSKやロッテなど大手財閥の名前が挙がるが、現時点ではどこも消極的だ。錦湖が7月にも売却先を決める入札を実施するとされるなか、事態が動くか注目される。

愛敬グループは百貨店事業が主力だ。韓国公正取引委員会が総資産額をベースに公開する韓国財閥のランキング(2019年版)では58位だった。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]