/

ukka、1億2000万円調達 販売方法を充実へ

農産物などの商品購入サービスを手がけるukka(ウッカ、東京・千代田)は1億2000万円を調達した。同社は希少な野菜や果物を生産者から直接買えるプラットフォーム「OWNERS(オーナーズ)」を提供している。気に入った食材プランのサブスクリプション(継続課金)サービスなど、今夏にも販売方法を充実させる計画だ。

W venturesやKVP、SMBCベンチャーキャピタルの3社と、メルカリの小泉文明社長ら個人投資家3人を引受先とした第三者割当増資を実施した。調達した資金はオーナーズのサービス開発費用などに充てる。

ウッカは2017年に設立され、オーナーズでは少量でもこだわりを持って生産された野菜や果物など約250種類の食材プランを提供している。プランを選択してオーナーになると、旬の時期に食材を購入できる仕組みだ。

現在は全国100以上の農業・水産などの生産者と連携している。オーナーズの会員数は4500人程度とみられ、これからはオーナー制度を多様化していく方針。

現在は日常使いの単発購入がメーンだが、気に入った食材プランのサブスクや特別な農作業体験ができる権利付きのオーナー制度などを準備しており、今夏にも始める方針だ。

(潟山美穂)

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン