/

イージス・アショア、配備候補2県に「適地」伝達 防衛省

防衛省は28日、陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」を配備する候補地である秋田、山口両県への説明を終えた。原田憲治防衛副大臣が27~28日に両県を訪れて知事らと面会した。周辺環境や人体に与える影響を調査した結果、問題は見つからなかったと説明し、配備にあたって「適地」だとの判断を伝えた。両県は回答を保留している。

防衛省はイージス・アショア2基を国内に配備し、ミサイル防衛体制を強化する計画だ。候補地は陸上自衛隊新屋演習場(秋田市)と陸自むつみ演習場(山口県萩市、阿武町)の2カ所だ。

防衛省は地元が懸念するイージス・アショアが発する電波について「人体に影響がなく安全」との調査結果を報告した。テロの攻撃目標になるとの不安には警備体制を増強することで応える。

秋田県は「すぐに結果を出せない」との立場を防衛省に伝えた。山口県では阿武町が配備に反対している。

イージス・アショアの稼働は搭載するレーダーの開発に時間がかかるため2024年度以降になるとみられ、地元との調整が難航すればさらにずれこむ可能性がある。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン