止まらぬ百貨店閉鎖 「リーマン」以来2ケタ台

日経MJ
2019/6/2 4:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

地方百貨店の閉店が止まらない。大手の三越伊勢丹ホールディングスに加え、山形県の大沼、北九州市の井筒屋といった地方の雄も相次いで撤退を表明。2019年の閉店数は「リーマン・ショック」に揺れた10年以来、9年ぶりの2ケタ台に乗る見通しだ。少子高齢化、ブランド頼み、郊外型モールへの客流出――。構造問題が招いた閉店ドミノは、かつては存続の前提とされた「100万人商圏」ですら成立しない現実を突き付ける。

【…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]