/

タレントパワー サンドウィッチマン大躍進で初の1位

タレントパワーランキング2019

『日経エンタテインメント!』が年に1回発表している恒例の「タレントパワーランキング」。2019年の総合1位となったのはサンドウィッチマン。昨年6位から大躍進して、初のトップに輝いた。個人でも、伊達みきおが10位、富澤たけしが14位と大幅ランクアップ。3年連続1位だったマツコ・デラックスは2位となった。

【タレントパワー総合TOP50の見方】スコアの表示は、小数点第2位で四捨五入。順位は小数点第2位以下も含めているため、同得点でも異なる順位が出る場合がある。17年、18年の順位は各年2月調査のもの

『日経エンタテインメント!』では、2008年から年1回「タレントパワーランキング」を発表している。株式会社アーキテクトが3カ月に1度実施している、タレントの「認知度(顔と名前を知っている)」と「関心度(見たい・聴きたい・知りたい)」の調査を基に、2つのデータを掛け合わせて「タレントパワースコア」を算出、ランキング化したものだ。

今回対象とした著名人は1280組。18年と同様、"直近の人気度"を明確にするため、19年2月調査の数字を基にしている。

今回の調査では、サンドウィッチマンが大躍進して総合1位を獲得した。過去11回での芸人の最高位は、ビートたけしの4位(12年)。近年は40代の中堅芸人の勢いが増し、昨年はサンドウィッチマン(6位)と博多華丸・大吉(9位)がトップ10入りしたが、高好感度芸人の代表がとうとう首位に上り詰めた。18年10月には新たにゴールデンタイムのレギュラー2本を獲得。個人でも、伊達みきおは10位、富澤たけしは14位と大幅ランクアップ。伊達がバラエティ番組で唱える、高カロリーの食べ物をこじつけにより太らないと主張する「カロリーゼロ理論」が人気となり、CMにも起用された。富澤は、ムロツヨシの先輩役を演じた10月期ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』と、12月の『M-1グランプリ』で審査員を務めたタイミングでスコアがアップした。

3年連続1位だったマツコ・デラックスは、今回は2位という結果に。とはいえ関心度の高さはほぼ変わらず、19年に入ってから新規CMが2社増えるなど、タレントとしての力は健在だ。

女優では3位の綾瀬はるかがトップ、新垣結衣が4位で続く、前回調査と同じ構図となった。綾瀬は、18年7月期の主演連ドラ『義母と娘のブルース』が最終回視聴率で19.2%を記録するヒットに。新垣は『獣になれない私たち』で、一筋縄ではいかない大人のもやもやした気持ちをリアルに演じて新境地を見せた。

5位は嵐。19年1月に活動休止を発表した衝撃は大きく、順位は変わらなかったが、スコアは上昇した。個人ではメンバー全員の順位がアップし、最高位は相葉雅紀の7位。主演連ドラ『99.9刑事専門弁護士- SEASON2』が最終回視聴率で21.0%を記録した松本潤は、70位から19位へとジャンプアップした。

6位は北川景子。18年はNHK大河ドラマ『西郷どん』に出演したほか、11月公開の主演映画『スマホを落としただけなのに』が19.6億円のスマッシュヒットとなった。前回6位の深田恭子は8位で好調を維持。東京ガスや転職サービスの「doda」など、CMでのキュートな姿も注目された。

9位はサザンオールスターズで、7年ぶりのトップ10入り。『NHK紅白歌合戦』に出演したタイミングでスコアが跳ね上がった。

10位の伊達みきお、14位の富澤たけし、43位の米津玄師は2018年2月、48位の大坂なおみは18年11月より調査対象に追加。24位の千鳥は17年2月まで調査時期は5月と11月の年2回

11位から30位を見ると、大泉洋が42位から17位へと上昇。興行収入53.7億円を記録した3月公開の映画『ドラえもん のび太の宝島』で声優を務めたほか、映画4本に出演した。18年初めてトップ100に入った千鳥はさらに大きく順位を上げ、24位と飛躍した。

大坂なおみが初登場、引退の滝沢が50位に

31位から50位を見ると、芸人では31位のイモトアヤコと、44位の若林正恭が大きく順位を上げた。イモトは18年10月期の『下町ロケット』、19年1月期の『家売るオンナの逆襲』に女優として立て続けに出演。若林はエッセイ『表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬』が斎藤茂太賞に選ばれており、2人とも芸人以外での活動にも光が当たった。スポーツ選手では、メジャーリーガーとなった大谷翔平が32位、ブリスベン国際で3年ぶりにツアー大会で優勝した錦織圭が46位。日本人選手として初めて全米オープンで優勝したテニス選手の大坂なおみは、初登場で48位にランクインした。

アーティストでは、18年1月期連ドラ『アンナチュラル』主題歌の『Lemon』がCDで55万枚、配信で262万ダウンロードを超えるヒット(5月中旬)となった米津玄師が、怒涛のランクアップで43位に。そして、18年いっぱいで芸能活動を引退し、19年からは後輩のプロデュースと育成に専念している滝沢秀明が、191位から一気に順位を上げて50位となった。

(※)本文中の視聴率はビデオリサーチ関東地区のデータ。平均視聴率は編集部調べ

【調査方法/ランキング作成方法】
[調査概要]アーキテクト「タレントパワーランキング」調査(株式会社アーキテクト/http://www.talentsearch.jp/)からデータを入手[調査方法]FAX・WEB調査[実施時期]年4回(2月・5月・8月・11月)[調査地域]東京・千葉・埼玉・神奈川[調査対象]タレントを一部入れ替えながら毎回約1200組を調査[回答者]アーキテクトの登録モニターより4400人を抽出(調査タレントを4グループに分割。10歳から59歳まで5歳きざみで男女それぞれ50人を抽出。60代は男女それぞれ50人抽出)。

●タレントに関する質問項目
A.各タレントの認知について、次の3段階からひとつ選択してもらった。
(1)名前も顔も知っている(2)名前は知っているが、顔は思い浮かばない(3)このタレントを知らない
B.設問「A」で「(1)名前も顔も知っている」と回答したタレントに対して、「そのタレントがテレビ・映画・雑誌・DVDなどに出ていると関心があるか(見たい・聴きたい・知りたい)」を、次の4段階からひとつ選択してもらった。
(1)とても見たい・聴きたい・知りたい(2)見たい・聴きたい・知りたい(3)見たくない・聴きたくない・知りたくない(4)まったく見たくない・聴きたくない・知りたくない


●認知度、関心度、タレントパワースコアの算出方法
認知度:質問Aで、「(1)名前も顔も知っている」と回答した人の割合(%)。
関心度:質問Bで、「(1)とても見たい・聴きたい・知りたい」か「(2)見たい・聴きたい・知りたい」と回答した人の合計値(%)。算出母数は質問Aで「(1)名前も顔も知っている」と回答した人の数。
タレントパワースコア:「認知度」と「関心度」を掛け合わせた値。そのタレントに、どれだけの人たちが引きつけられているか、「人気度」を示す指数。タレントが人々を引きつける力(=タレントパワー)の指標とした。具体的には、「認知度」に「関心度」の加重ポイント(「(1)とても見たい・聴きたい・知りたい」に「(2)見たい・聴きたい・知りたい」の1/3を加えた合計値)を乗じて算出した。
 
※上記方法で算出した18年2月時点でのデータを2018年版、17年2月時点でのデータを2017年版としている。タレントパワースコアは小数点第2位で四捨五入。順位は小数点第2位以下も含めてつけた。

(ライター 内藤悦子)

[日経エンタテインメント! 2019年7月号の記事を再構成]

※タレントパワーランキング2019の総合100位までを解説した記事の全文、「急上昇」「男優」「女優」などのジャンル別ランキング、対象全1280組の認知度×関心度MAPなどは発売中の日経エンタテインメント!7月号に掲載しています。

日経エンタテインメント! 2019年 7 月号

著者 : 日経エンタテインメント! 編集
出版 : 日経BP社
価格 : 720円 (税込み)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン