/

この記事は会員限定です

海賊版退治、スタートアップに出番 AIで素早く発見

[有料会員限定]

漫画の無断配信や不正な動画の投稿など、著作権侵害が深刻な問題になっている。国内の出版業界だけでも被害は約4000億円に達し、人手だけでは対応しきれなくなっている。人工知能(AI)を活用して違法コンテンツを効率的に削除するサービスに商機があるとみて、新興企業が相次ぎ参入している。

ネット上の投稿監視を手掛けるイー・ガーディアンが開発するのは、動画に含まれる音声データをリアルタイムに解析し、海賊版などの違法コンテンツを...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1931文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン