/

この記事は会員限定です

横浜バイオテクノロジー 横浜国大の遺伝子技術生かす

Biz Movement

[有料会員限定]

大学の研究室に埋もれた技術や知見から、新しい製品やサービスを生み出すベンチャーへの期待は大きい。横浜バイオテクノロジー(YBT、横浜市)は横浜国立大学生まれだ。植物病理学を専門とする平塚和之・環境情報研究院教授の研究成果をもとに、農薬や肥料の開発に必要な物質の分析を受託している。

植物が病気になると、特定の遺伝子の活動が活発になり、抗菌たんぱく質をつくるなど免疫力を高めることが知られている。こうし...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り671文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン