/

テルストラ5G開始 豪州初、サムスン製スマホで

【シドニー=松本史】オーストラリアの通信最大手、テルストラは28日、次世代通信規格「5G」に対応した携帯通信向けサービスを開始し、対応の韓国サムスン電子製スマートフォン(スマホ)を発売した。5Gの提供は豪州で初めて。シドニーなど10都市の一部地域でまず始め、今後、対応地域を拡大する。

テルストラのケビン・テオ取締役は「消費者にとって革新的な日になる」と述べた。発売したスマホはサムスン「ギャラクシーS10」で、通信容量が160ギガ(ギガは10億)バイト、電話がかけ放題のプランは端末代金込みで1カ月154豪ドル(約1万2000円)に設定した。

同日から電波が届く地域は最大都市シドニーでも面積で1割にも満たない。今後1年で利用範囲を拡大し、都市も35まで増やすという。

豪州通信メディア管理局は2018年12月、5Gの周波数をテルストラやオプタスなど通信大手4社に割り当てた。当初は20年3月のサービス開始予定とされたが、テルストラは前倒しした。5Gを巡ってはオプタスが企業向けに固定回線を利用したサービスを試験的に提供している。

豪州の5Gを巡っては18年8月、政府が中国通信機器最大手の華為技術(ファーウェイ)の参入を禁止している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン