小学生ら18人刺される 川崎、女児ら2人死亡

2019/5/28 10:50 (2019/5/28 13:25更新)
保存
共有
印刷
その他

28日午前7時45分ごろ、川崎市多摩区登戸新町の路上で「路上で小学生が刺された」などと119番があった。神奈川県警や搬送先の病院によると、小学生ら子供16人を含む計18人が刺され、うち小学6年の女児(12)と男性(39)が死亡した。40代女性と小学生2人が重傷という。

刺したのは50代の男とみられ県警が確保したが、自らの首を切っており、搬送先の病院で死亡が確認された。県警は殺人容疑で捜査する。

県警によると、現場は私立のカリタス小学校に向かうスクールバスの停車場所で、児童らは通学のためにバスに乗り込むところを襲われたとみられる。

県警によると、男は上下黒っぽい服装で、刃が長い包丁2本を両手に持って児童らに歩いて近づき、突然、切り付けたという。スクールバスの男性運転手が襲撃に気づき、「何をやっているんだ」と叫んだところ、男は数メートル移動し、自分の首を切って倒れた。

現場には2本の包丁が落ちており、いずれも血痕が付着していた。日本医科大武蔵小杉病院によると、死亡した女児と男性はいずれも首に深い刺し傷を負っていた。

現場はJR南武線と小田急線の登戸駅から西に約200メートル離れた住宅街の一角。

安倍晋三首相は28日昼、事件を受けて首相官邸に柴山昌彦文部科学相と山本順三国家公安委員長を呼び、小中学生の登下校時の安全確保に早急に対応策を講じるよう指示した。事件の全容解明に努めることも求めた。

菅義偉官房長官は28日の閣議後の記者会見で「大変痛ましい事案だ」と述べた。

小学生らが刺された現場周辺で救助活動を行う消防隊員ら(28日、川崎市多摩区)

小学生らが刺された現場周辺で救助活動を行う消防隊員ら(28日、川崎市多摩区)

複数の人が刺され、騒然とする現場付近(28日午前8時38分、川崎市多摩区)=共同

複数の人が刺され、騒然とする現場付近(28日午前8時38分、川崎市多摩区)=共同

保護者に付き添われて下校する児童(28日、川崎市多摩区)

保護者に付き添われて下校する児童(28日、川崎市多摩区)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]