IEA事務局長「原発の運転期間延長を」

2019/5/28 8:47
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ロンドン=篠崎健太】国際エネルギー機関(IEA)のビロル事務局長は日本経済新聞の電話取材に応じ、原子力発電について「日米欧の政府に運転期間延長を訴えることが私の最優先事項だ」と語った。原発が縮小に向かえば「気候変動へ努力は失敗しかねない」とも述べた。安全面に万全を期したうえで、既存の原発の維持に努めるべきだとの認識を示した。

福島第1原子力発電所の事故後、安全対策の強化により原発の建設や運営に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]