厳戒の大阪、不測事態防げ G20まで1カ月
水際の訓練、空も警戒

2019/5/27 21:45
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

6月28、29日に大阪で開かれる20カ国・地域(G20)首脳会議を1カ月後に控え、官民が一体となって警備態勢を強めている。多くの人が集まる公共の場を狙った「ソフトターゲット」を想定した訓練に加え、空港や会場の水際対策も強化。会場周辺はドローン(小型無人機)の使用も規制する。関係者は「市民生活や経済活動に一定の影響は出るが、どんな事態にも対処できる態勢を整えたい」と話す。

「落ち着いて避難してくだ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]