韓国SK、リチウムイオン電池向け部品 生産能力5倍に

2019/5/27 22:00
保存
共有
印刷
その他

【ソウル=山田健一】リチウムイオン電池向けのセパレーター(絶縁膜)で世界2位のSKイノベーションは27日、絶縁膜の生産能力を2025年までに現在の5倍に引き上げる方針を明らかにした。同年までに中国とポーランドで新工場を稼働する。ソウルで記者会見した金俊(キム・ジュン)社長は「大幅な増産で世界首位を目指す」と抱負を述べた。

絶縁膜の世界シェアは、2割程度の旭化成が首位。同1割強のSKイノベーション…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]