2019年6月26日(水)

栃木銀、外国人対応で店舗に翻訳アプリ導入

金融機関
北関東・信越
2019/5/27 20:33
保存
共有
印刷
その他

栃木銀行は27日、全店舗の営業用タブレット(多機能携帯端末)にNTTドコモの翻訳サービス「はなして翻訳」アプリを導入すると発表した。外国人材の受け入れ拡大などで外国人住民の増加が見込まれるなか、多言語対応を強化する。

「はなして翻訳」は音声やテキストで入力した文章を翻訳する対面翻訳機能のほか、1300以上のフレーズを選んでコミュニケーションがとれる定型文機能もある。英語や中国語、韓国語など12カ国語に対応している。5月末までに全店舗の窓口のタブレットでアプリの利用が可能になり、9月末をメドに営業行員のタブレットも含む全700台で導入する予定だ。

栃木銀の担当者は「コミュニケーションがとれずにサービスが提供できないということがないようにしたい」と話している。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報