10月に大統領選のアルゼンチン 現職マクリ氏に逆風
経済低迷、左派陣営が批判票取り込む

2019/5/27 20:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【サンパウロ=外山尚之】10月27日に大統領選を控えるアルゼンチンで、現職のマクリ大統領に逆風が吹いている。年率50%超の高インフレで消費は低調で、外国からの直接投資も落ち込む。中道右派のマクリ氏が進めた規制緩和は目に見える成果に結びついておらず、国民の不満は高まる。4年前に下野した左派陣営は手厚い分配を訴え支持を集め、再選に暗雲が漂っている。

世論調査会社シノプシスによる最新の調査で、マクリ氏…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]