/

長野県の豚コレラ被害農場 8月にも出荷再開へ

長野県内で2月に豚コレラが発生した問題を巡り、感染が確認された宮田村の農場が8月にも豚の出荷を再開する見通しとなった。県が5月中旬に堆肥の検査をしたところ、陰性が確認されたため再開できると判断した。

6月に百数十頭の飼育を試験的に始め、2週間後に遺伝子検査をする。問題がなければ8月に出荷となる見通し。その後、段階的に本格的な養豚を再開する。

同農場は愛知県から受け入れた豚が原因で感染した。2400頭以上を殺処分した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン