自民幹事長、日米交渉を「注視」 8月決着発言に

トランプ来日
2019/5/27 20:00
保存
共有
印刷
その他

自民党の二階俊博幹事長は27日の記者会見で、トランプ米大統領が日米貿易交渉の8月決着を示唆したことに「今後をしっかり注視したい」と述べた。党内では農林分野の族議員から「米国産牛肉の関税引き下げ圧力を強めるのではないか」との懸念が出ている。

国民民主党の玉木雄一郎代表は「農業や牛肉の分野でどんな話し合いがあったのか。速やかに予算委員会を開いて説明を求めたい」と語った。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]