2019年7月18日(木)

北朝鮮・拉致問題 イラン・核合意 日米首脳が互いに仲介

北朝鮮
トランプ政権
トランプ来日
政治
北米
2019/5/28 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

安倍晋三首相は27日、米国とイランの対立が激化する中東の緊張緩和に向けて努力する意向を表明した。トランプ米大統領は北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長との会談実現をめざす首相の決意を「全面的に支持する」と語った。

イランと北朝鮮はかつてブッシュ(第43代)大統領が「悪の枢軸」と敵視した。いま、イランの核合意と北朝鮮の日本人拉致問題という両国の課題の解決に向け、日米両首脳が互いに仲介する構図に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。