/

この記事は会員限定です

離脱派、残留派がともに躍進 英の欧州議会選

二大政党は埋没

[有料会員限定]

【ロンドン=中島裕介】23日に実施された英国での欧州議会選挙では、早期の欧州連合(EU)離脱を目指す新党「ブレグジット党」と、EU残留や2回目の国民投票を掲げる自由民主党が躍進した。その一方で国政与党の保守党と最大野党・労働党の二大政党は3位以下に埋没した。特に保守党は退陣するメイ政権のEU離脱を巡る混迷を受けて、歴史的な惨敗となった。

他のEU各国の欧州議会選ではEU懐疑派の動向が焦点となるなか...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り365文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

英EU離脱

英国が2020年1月31日、EUを離脱しました。英国はどこへ向かうのか。これまでの報道をまとめました。

全部わかるブレグジット 英国はどこへ

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン