/

この記事は会員限定です

オービック、「10年で株価10倍」の実力

証券部 野口知宏

[有料会員限定]

オービックの市場評価が着実に高まっている。株価は連日で上場来高値を更新し、過去10年で10倍を超える「テンバガー」銘柄となった。金融危機前の2008年にシステム業界で9位前後だった時価総額は2位の野村総合研究所まであと約200億円と迫り、首位のNTTデータに次ぐ座が射程に入った。自前の統合基幹業務システム(ERP)「オービック7」を前面に押し出し、強い営業力と高い業務効率を両立させているのが強みだ。

「連続最高益が途切れるイメージはな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1456文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン