/

この記事は会員限定です

養父のライドシェア、利便性の壁 山間地限定で利用低迷

[有料会員限定]

国家戦略特区の兵庫県養父市で地域住民の自家用車による有料ライドシェア(相乗り)が始まって26日で1年が経過した。観光客の利用を打ち出した全国初の相乗りサービスとして注目されたが、利用は低迷している。持続可能な地域交通とするには、利便性を向上させPRを強化するなど利用者増に向けた取り組みが不可欠だ。

「交通の便がなかったのでありがたい」。ライドシェアサービス「やぶくる」を運行する地域の住民からは感謝...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り732文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン