3度目の自動車大再編、CASEにらみ交渉力高める

2019/5/27 20:08
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

欧米フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)が仏ルノーに経営統合を提案し、世界の自動車産業は3度目の大再編時代に突入する。電動化や自動運転技術の革新など自動車産業は「100年に1度」の大変革期にある。企業規模で勝る米IT(情報技術)大手などとの合従連衡を見据え、交渉力を高める狙いがありそうだ。

「FCAはひとつの目的を達成するために、異なる文化の自動車メーカーの統合を成功させてきた歴…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]