/

JAグループ 食農分野でVBと協働 開発拠点を設置

農林中央金庫などJAグループは27日、ベンチャー企業と組んで食と農業の分野の新事業を開発する拠点を開設したと発表した。IT(情報技術)などに強いスタートアップ企業とJAグループの社員が一緒に働き、農作業のロボット活用や融資審査の高度化など、幅広い実証実験に取り組む。拠点での活動を通じ、食農分野のイノベーションを推進する。

開設したのは「AgVenture Lab(アグベンチャー ラボ)」で、東京・大手町に拠点を構えた。農林中金の荻野浩輝執行役員を代表理事に据え、JA全農やJA全中なども人員やノウハウを提供する。事業開発に向け、行政や大学との連携も進める。

拠点では、農業や食品産業分野の起業育成プログラム「JAアクセラレーター」で選ばれた事業者が、JAグループの社員と共に様々なアイデアの事業化を目指す。農業やフィンテックなどのスタートアップ系企業も拠点を活用し、事業展開に向けた準備を進める。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン