首都圏鉄道各社、訪日客への対応急ぐ 五輪にらみ

2019/5/27 17:52
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

首都圏の鉄道各社が2020年の東京五輪・パラリンピックに向け、訪日外国人(インバウンド)への対応を急いでいる。駅や車両などの設備を多言語化し、外国人が迷わず利用できるようにする。気軽に利用できる温泉旅館や、駅周辺の飲食店のサービス向上など関連分野でも利便性向上に取り組む。五輪後も多くの外国人の訪日を促す。

旅行中の困りごととして、言葉やコミュニケーションの問題を挙げる訪日客は多い。東武鉄道は19…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]