/

サントリー食品、家庭向けペットボトルコーヒーを拡充

サントリー食品インターナショナルは27日、家庭向けのペットボトル入りコーヒーの新商品を発表した。豆にこだわってプレミアム感を強調した商品と、牛乳で割って飲むカフェインレスの商品を売り出す。いずれも缶コーヒーで人気の「ボス」ブランドを冠し、ペットボトルに入れて家庭用の需要を開拓する。

28日に新商品「プレミアムボス コーヒーハンターズセレクション」を発売する。750ミリリットル入りで、味は「無糖」「甘さ控えめ」の2種類。価格は税別298円。競合品に比べるとやや高めの価格設定だが、豆や製法へのこだわりを訴える。

コーヒー豆の輸入販売を手がけるミカフェート(東京・港)の社長で、世界各地の農園を巡り、「コーヒーハンター」の異名をもつ川島良彰氏と共同で商品化した。コロンビア産の高級豆を使い、配送中も一定の温度を保って風味を落とさない工夫を凝らした。

同日の商品発表会で、川島氏は「コーヒー飲料は、こだわり次第でまだまだおいしくなることを、多くの人に知ってほしい」と話した。

7月には牛乳で割って飲むコーヒー飲料「ボス ラテベース」に、カフェインレスの商品を追加する。340ミリリットル入りペットボトルで、1本でコップ7杯分の飲料ができる。2016年に発売したカフェイン入りのタイプが好調で、品ぞろえを増やす。

サントリー食品によると、国内のコーヒー消費は、抽出して飲むタイプなど6割を家庭内が占める。テレワークにより在宅で仕事をしたり、働き方改革で帰宅時間が早まったりと社会が変化するなか、家庭向けの商品を充実させる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン