/

この記事は会員限定です

移民・財政規律、EU統合に試練 懐疑派3割

[有料会員限定]

【ベルリン=石川潤】23~26日に実施された欧州議会選挙で、極右など欧州連合(EU)に懐疑的な勢力が約3割の議席を獲得した。親EU勢力は過半数を維持したが、中道路線の既存の二大会派だけでは多数を握れず、法案や人事の決定にはリベラル派などとの連携が必要になる。移民問題や財政規律などで対立が深まり、欧州統合にブレーキがかかりかねない。欧州委員長の後任選びなどでも攻防が予想される。

欧州議会は欧州委員長...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り838文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン