/

この記事は会員限定です

雇用保険、20年度も0.6%で据え置き 厚労省検討

【イブニングスクープ】

[有料会員限定]

厚生労働省は雇用保険料を低く抑える特例措置を延長する検討に入った。労使で折半して負担する保険料率を2017~19年度に限って過去最低である年収の0.6%としてきた措置を20年度以降も続ける。失業者の減少で積立金は高い水準を保っており、当面は特例措置を継続できるとの判断に傾いた。

特例措置を延長しなければ、保険料率は0.8%に戻り、労使ともに負担が増す。政府は19年10月に消費税を8%から10%に引...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り845文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン