日商エレ、ブロックチェーンで協業

2019/5/27 16:14
保存
共有
印刷
その他

システム開発の日商エレクトロニクスは27日、ブロックチェーン(分散型台帳)の分野でスタートアップ企業のカウラ(東京・千代田)と協業を開始したと発表した。日商エレが持つIT(情報技術)の知見と、カウラが保有するブロックチェーン関連のノウハウを組み合わせたITサービスを提供する。

ブロックチェーンに関する知見やノウハウを両社で共有し、個別案件向けのコンサルティングサービスを提供する。さらに、カウラが開発したブロックチェーンの基盤技術「フュージョン」の上に、ブロックチェーンの様々な適用例を示すデモンストレーション環境を構築。この環境を活用することで顧客の業務課題にもたらす効用を見定め、実装までを迅速化する。2019年度中に5件の案件獲得を予定している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]