/

この記事は会員限定です

「AIで監査の現場力向上」 会計士協・手塚次期会長

[有料会員限定]

7月に日本公認会計士協会の新会長に就く手塚正彦常務理事(57、監査法人トーマツパートナー)は日本経済新聞の取材に応じ「会計監査の現場力向上に向け、人工知能(AI)技術を積極導入する」と述べた。東芝の会計不正の不祥事で監査法人の信頼性は揺らいでいる。協会として、テクノロジーの活用で業務を効率化し、会計士が監査の中核業務に集中できる体制を整える。

手塚氏は協会の常務理事として監査・保証、IT分野を担当して...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り236文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン