2019年7月19日(金)

日米首脳が会談 トランプ氏「貿易交渉、8月に発表」

トランプ来日
経済
政治
北米
2019/5/27 11:05 (2019/5/27 14:03更新)
保存
共有
印刷
その他

安倍晋三首相は27日、東京・元赤坂の迎賓館でトランプ米大統領と会談した。トランプ氏は貿易交渉について「8月に発表がある。均衡のとれていない貿易の問題を迅速に解決したい」と述べた。首相のイラン訪問を容認する姿勢も示した。両首脳は北朝鮮の非核化や日本人拉致問題の進展に向けた緊密な連携で一致する。午後に共同記者会見に臨む。

日米首脳会談に臨むトランプ米大統領と安倍首相(27日午前、東京・元赤坂の迎賓館)

日米首脳会談に臨むトランプ米大統領と安倍首相(27日午前、東京・元赤坂の迎賓館)

首相は会談冒頭「令和の時代の初の国賓として訪日していただき、本当にうれしく思う」と語った。「令和時代の幕開けにふさわしいものとしていきたい。日米の同盟の絆が強固であることを鮮明に内外に示したい」として「突っ込んだ議論をしたい」と呼びかけた。

トランプ氏は「ご即位という大イベントに招待していただき、本当にうれしく思う」と謝意を示した。「米日両国の同盟関係はかつてないほど盤石」との認識も示した。

「安全保障、貿易問題、北朝鮮について様々な問題を話す」とし、特に貿易交渉に関して「米日両国にとって恩恵のある、利益のあるような形になると強く期待している」と意欲を示した。

「日本は多くの防衛装備品を買っている。貿易赤字を大幅に削減することに貢献するのは違いない」とも話した。両首脳は貿易交渉に関し、茂木敏充経済財政・再生相とライトハイザー米通商代表部(USTR)代表による交渉加速を確認する見通しだ。

トランプ氏は首脳会談で北朝鮮について「間違っている可能性はもちろんあるが、最近の様子をみて、良くなっていると思う」との見解を示した。「ミサイル発射や核実験などが減っている。2年前と比べ大きな改善といえる」と指摘した。2月にハノイでの米朝首脳会談が決裂し、両国の協議は膠着状態にある。

首相は拉致問題の進展に向け、前提条件を付けずに北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長と会談する考えを表明している。トランプ氏に拉致問題解決に向けた協力を求める方針だ。トランプ氏は首脳会談後、拉致被害者家族と面会した。

首相は6月中旬にもイランを訪問し、ロウハニ大統領と会談することを検討している。公開された首脳会談の冒頭、記者団から質問を受けたトランプ氏は「首相はすでに私に話をしてくれた。イランも話をしたがっているし、私たちも話したい」と答えた。

「首相はイラン指導部と非常に密接な関係にある。今後どうなるか見ていきたい」と述べた。「誰も恐ろしいことが起きるのを見たいと思っていない。特に私はそうだ」とも加えた。

2017年1月にトランプ氏が大統領に就任して以来、日米首脳会談は今回で11回目。首相が訪米した4月と、6月の20カ国・地域(G20)首脳会議でのトランプ氏再来日を合わせ、3カ月連続で会談する。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。