2019年7月21日(日)

日立社長 ファーウェイ問題は世界経済にブレーキ

モバイル・5G
BP速報
2019/5/27 12:00
保存
共有
印刷
その他

日経クロステック

日立製作所の東原敏昭社長は2019年5月24日までに日経 xTECHの取材に応じ、華為技術(ファーウェイ)に対する米国の事実上の輸出禁止規制を含む米中貿易摩擦について「グローバル経済のブレーキになることを心配している」と語った。日立グループへの直接の影響は限定的という見方を示した。

日立の東原敏昭社長(写真:村田 和聡)

日立の東原敏昭社長(写真:村田 和聡)

米商務省は5月15日、安全保障上懸念のある外国企業を列挙した「エンティティ―・リスト」という禁輸対象リストにファーウェイを加え、輸出管理法に基づき米国企業からファーウェイへの部品納入を事実上禁止した。輸出管理法は市場価格に基づいて米国企業の部品やソフトが原則25%以上含まれていれば、海外製品も規制の対象になる。違反すると、罰金や米企業との取引禁止などが科される可能性がある。

この発表を受けて、日本では携帯大手3社がファーウェイ製の新型スマートフォンの発売延期や予約停止を相次いで明らかにしている。ファーウェイに部品を納める日本の部品メーカーなどにも影響が及ぶ可能性が高まっている。

東原社長はファーウェイへの輸出規制など米中の貿易摩擦が「グローバル経済のスローダウンにつながることを心配している」としたうえで、「(状況を)よくウォッチしている」と話した。日立は輸出規制への対応が必要かどうかも含めて調査しているが、ファーウェイとの取引は「それほどない」(東原社長)という。

(日経 xTECH/日経コンピュータ 大和田尚孝、山端宏実)

[日経 xTECH 2019年5月24日掲載]

保存
共有
印刷
その他

日経BPの関連記事

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。