京都、親子ザルに要注意 訪日客ら負傷30人

2019/5/27 10:02
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

京都市内でサルが観光客を襲う被害が相次いでいる。春先から外国人を含む約30人が負傷したといい、市などは職員を巡回させたり、多言語表記の看板を立てたりして注意を促す。子ザルを守ろうとした親ザルに襲われるケースが多いとみられ、専門家は子ザルに近づかないよう呼び掛けている。(島田直哉)

訪日観光客が多く訪れる浄土宗総本山・知恩院(同市東山区)。4月上旬、参拝客の女性が野生のサルに足をかまれて軽傷を負い…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]