日仏連合、日産・ルノーで温度差

2019/5/26 23:25
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ルノーとFCAの経営統合は、ルノーと日仏連合を形成している日産自動車と三菱自動車にも影響が及ぶ。規模拡大による効率化は日本勢にとってもメリットになる。FCAと日産が共に力を入れる米国事業などが具体的な連携対象の候補になりそうだ。競争と協調のバランスをとる難しさもあるが一定のメリットは期待できる。

日産にとっては懸念材料もある。ルノーとの間では経営統合を巡り温度差が表面化しているからだ。4月にはル…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]