2019年6月17日(月)

プロ野球

12試合ぶりの一発に好走塁 岡本、巨人を引っ張る

2019/5/26 23:53
保存
共有
印刷
その他

広島の大型連勝を止めるのは一筋縄ではいかなかった。ましてや終盤にヤマ場がやってくる紙一重の展開。巨人・原監督が語る「ギリギリのところでの勝負」で明暗を分けたのは、イチかバチか、ギャンブル的な要素だった。

八回、重信の犠飛で勝ち越しの生還を果たす巨人の岡本(右)=時事

八回、重信の犠飛で勝ち越しの生還を果たす巨人の岡本(右)=時事

八回1死満塁。重信は左中間へ浅めの飛球を打ち上げた。本人が言う「情けない外野フライ」は、犠飛になるには微妙な当たり。それでも三塁走者の岡本は元木・三塁コーチの掛け声で迷わず本塁へ向かった。中堅・野間の返球がわずかに三塁方向へそれたのが幸いし、捕手のタッチを逃れるようにして生還。相手が要求したリプレー検証でも判定は覆らず、決勝点が転がり込んだ。

決して俊足とはいえない岡本の鋭いスライディングもなかなかのものだったが、指示した元木コーチの好判断も光った。スライス気味の打球で野間が動きながら捕球したことで「(本塁への)球の勢いが違う。あそこが(走らせる)限界」と読んだ。同点という状況も考えての決断。「よく走ったし、よく行かせたね」。原監督も思わずほおが緩む好プレーだった。

この日は打順を組み替えて1番に好調の亀井を起用。初回に左翼席に放り込んだ岡本の12試合ぶりの一発には、亀井の安打も絡んでいた。直近2試合でやり込められていたチームに、同一カード3連敗は許されない空気が充満していた。

「大きなことは言えないが、1点差で勝てたことをプラスにしたい」と原監督。終盤に追いついた相手の勢いに押し切られず勝ち越した反発力は、チームに自信を与えそうだ。(渡辺岳史)

保存
共有
印刷
その他

プロ野球のコラム

ドラフト会議

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

四回西武1死二塁、森が右中間に勝ち越し二塁打を放つ=共同

 西武とヤクルトはともに攻めは派手だが、失点数はそれぞれのリーグで目下ワーストだ。数字が表すとおりの、にぎやかな点の奪い合い。勝負の分かれ目は序盤にあった。
16日のプロ野球 結果と戦評

 二回無死、 …続き (16日 20:05)

7回3失点でリーグトップに並ぶ7勝目を挙げた巨人・菅野(16日、札幌ドーム)=共同

【オリックス5―5阪神】阪神が5点差を追い付き、延長十二回引き分け。七回に大山の二塁打などで3点返し、九回2死から代打福留が2点二塁打を放った。延長に入ってドリスらがピンチをしのいだ。田嶋の快投も絡ん …続き (16日 19:07更新)

九回1死二、三塁、ロメロがサヨナラの左犠飛を放つ=共同

 最後は頼れる3番、4番が試合を決めた。オリックスは阪神との“関西ダービー”を2夜連続で終盤にひっくり返し、この日は歓喜のサヨナラ勝ち。逆転勝ちは3試合連続となり、西村監督は「選手全員が(試合は)最後 …続き (15日 23:30)

ハイライト・スポーツ

[PR]