/

この記事は会員限定です

現金、日米欧なお需要 キャッシュレス拡大でも2割増

[有料会員限定]

日米欧の先進国で現金流通高が急増している。クレジットカードなどを使うキャッシュレス決済比率の高い国も含む各国・地域で5年間に2~4割増えた。預金金利の低さといった金融環境が原因で現金を手元に置く傾向が強まっている。預金に比べて当局が捕捉しにくいため、脱税などの不正に使われている恐れもある。(小太刀久雄)

都内の渋谷駅の券売機にスマートフォン(スマホ)をかざすと1万円札が出てきた。東京急行電鉄が横浜銀行やゆうちょ銀行と組み...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1392文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン