/

北海道・佐呂間町で39.5度、5月の記録更新 熱中症に注意

(更新)

日本列島は26日、高気圧に覆われて晴れ、全国で気温が上昇した。北海道佐呂間町では午後2時すぎに39.5度を観測。5月として全国の観測史上最高気温を更新した。北海道で5月に35度以上の猛暑日となるのも初めて。全国では53地点で猛暑日となった。30度以上の真夏日は566地点で記録した。

北海道では帯広市や足寄町で38.8度、湧別町で38.5度を観測するなど東部を中心に34地点で年間の最高気温を更新した。気象庁によると、これまでの5月の最高気温は埼玉県秩父市で1993年5月13日に観測した37.2度だった。

東京都心では午後1時ごろに今年最高となる32.6度を記録。5月としては史上初の3日連続の真夏日となった。このほか、茨城県大子町で35.5度、埼玉県鳩山町で35.8度、福岡県太宰府市で33.9度など、275地点で5月の最高気温を更新した。

気象庁によると、列島上空約1500メートルで大陸から例年より10度以上暖かい空気が入り込み、全国で晴れたことで気温が上昇した。特に北海道東部では、山から風が吹き下りて気温が上がりやすくなる「フェーン現象」も影響しているという。

27日も日本列島は大陸からの暖気の影響で気温が上昇し、北日本、東日本を中心に各地で30度以上の真夏日となる見込み。27日の予想最高気温は東京都心で33度、札幌市で32度、長野市で35度など。

気象庁は北海道、東北、関東甲信地方に高温注意情報を発表。水分や塩分の補給、エアコンの適切な利用など、熱中症予防の対策を取るよう呼びかけている。

■「フェーン現象」暑さ呼ぶ

北海道佐呂間町で5月として観測史上最高となる39.5度を記録するなど道東部は26日、異例の暑さとなった。日本付近に大陸から暖かい空気が流れ込んだ影響で多くの地点で25日以上の暑さとなったが、特に北海道では山から風が吹き下りて気温が上がりやすくなる「フェーン現象」が加わり、猛暑日となったとみられる。

気象庁によると、26日は列島が広く高気圧に覆われ、北海道を中心に上空約1500メートルに21度以上の暖気が大陸から流れ込んだ。例年より15度以上高いという。

最高気温を観測した佐呂間町や帯広市など道東部では、西からの風が山を越えて熱を帯びるフェーン現象も発生したとみられ、他の地域よりも気温が上昇した。同町の5月の日中最高気温の平均は16.5度で、26日は大幅に上回る暑さとなった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン